げんげん 腎不全でした


腎不全のお薬の投与と、毎日の皮下点滴になります。

選択肢の一つとして静脈注射での治療法もありましたが、
入院し24時間点滴、最低でも3日間、結果次第で延長との事です。

先生はなんて説明してくれたかな。
効果が早いって言ってたかな。
うろ覚えです。



少し迷いましたが、
数値がかなり悪いのと、高齢であるのを考慮し、
効果がゆっくりでもいいから毎日の皮下点滴を私が選択しました。

とは言え毎日の通院はげんげんも私も負担が大きいので
自宅でやります。


肝臓はほぼほぼ大丈夫でした。

腎臓は、BUN(血中尿素窒素)は測定不能。
振り切っちゃってました。

CRE(クレアチニン)は正常値が0.8~1.8のところ、8.0でした。


先生がとてもとても言葉を選んでお話をされていたので、
厳しい状況である事は察しました。



本来であれば腎臓に良い療法食にするべきですが、
一切食べなくなったので無理です。

でも、点滴だけでは栄養は摂れません。
例え最良では無くとも口から入る栄養は必要です。


ad缶はスプーン等でぐちゃぐちゃと撹拌するとシリンジでもいけますが、
今のげんげんにはそれも負担が大きかろうという事で先生と意見が一致。
またもビオベテリナリーに頼る事に。
e0188009_13005246.jpg
これね、お高めではありますが優れものですよ。
犬用のもありまして、うちは確か武子の時に初めて使用し、それ以来わりとストックしています。
こーゆう時に限って切らしていたので今日購入して来ました。


犬用のしか置いていない時に状態が悪い猫が来ても、
またその逆でも、さほど悪影響は無いとの事でしたので、いつもどちらかをストックしてました。




今のげんげんの状態はギリギリなのでうちはこれにしますが、
療法食が食べられる子には適した療法食を選択して下さいね。


少し期待が持てるのは、吐いていない事。
数値的には相当気持ち悪い状態(なので食べられない)。
でも吐いていないんです。
胃に何もなくてもえづいていておかしくない状態。
これが見られないという事は、まだ間に合う可能性があるようです。


総合的にみて、皮下点滴と自宅での強制給餌を選択しました。



早朝、自分でお水を呑んだり声も出たので上がって来たと思いましたが
受診して良かったです。

さて、
そうは言っても数値は悪いし高齢だし、
現実を受け止め心の準備をし、
苦痛を取り除けるだけ取り除かないとな。

ここ数日だな
ここ数日を乗り越えられたらまた選択肢があるかもな

でも延命はダメだよな
したくないな



昨深夜の写真です。
もう頭をあげるのもしんどかったようで、
夜が長く感じました。
e0188009_13194157.jpg
e0188009_13200204.jpg
今さっき、ヨロヨロではありますが
数日振りに、げんげんが自力で歩いているのを見ました。
数日振りに、私を探して鳴いている声を聞きました。


ご心配をお掛けしました。
見守り応援して下さいましてありがとうございます。

まぁ、
なんとか、
げんげんのいいように。



********************

せっかくですのでどうぞひとポチ

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by hanamogera55 | 2016-04-19 13:26 | うちの子【げん】